貝ボタンには種類に関係なく同じ形がある!?

火曜日、今週は週始まりが火曜日。週始めの夕方、スカイライナーで成田空港に向かっています!今夜から上海に出張に行ってきます〜。

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「貝ボタンの型番」についてです。

貝ボタンには型番のある形がある!

貝ボタンはボタンには珍しく、その貝の種類に関係なく、型番を言えば、同じ形が出てくるものがあります。それを火曜日なので、スタッフブログの方で紹介しています。*火曜日はスタッフブログで私の当番

↓↓↓

貝ボタンには型番で形が決まっているものがあります!

 

今日の教訓

1日2つのブログを書くのは厳しい!

今日のボタン

一世風靡したプレミアムジーンズのTrue Religion。裏側のポケットの布の部分。この布はスレーキとか、袋布(ふくろぬの)と言います。普通は無地なのですが、これはブランドのモチーフをプリントしています。こういう見えない所でもこだわりを持つのがブランドですね。

ボタンや服飾資材に関するお問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ