従業員が長く勤めてくれる会社にしていきたい!

毎月1回はブログを書こうとしていましたが、一度止めてしまうとなかなか書けなくなるもので…前回は8月だから4ヵ月ぶり。書くことのハードルが上がってしまうのですね。書きたくなった時に書こうと思います。そんな、あてにならないブログにお付き合いいただきありがとうございます(笑)

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。今日のお話「クロップオザキ40周年」について。

初めての周年イベント

クロップオザキは9月決算で、10月から新たな期である40期がスタートしています。40期ということは40年目ということになります。今まで節目の年だからと周年イベントはやったことはありませんでしたが、私が社長になって10年目であり、初めての節目の年なので何かをしたいと思っていたので昨年から積立を行っていました。そして、迎えた40期、忘年会も兼ねてホテルで会食パーティーを社内だけで行うことにしました。

コロナの第3波により飲食店に10時までの時短営業が推進され、多人数、長時間の飲食は自粛するように言われ、開催するかどうか迷いました。しかし、ホテルで会場は貸し切り、来るのはいつも顔合わせている従業員のみ、ホテルも感染症対策をバッチリ行っているので開催することにしました。そして、経済を回すことに少しでもなればとの思いもありました。

今回の40周年記念パーティーの目的は3つ。1つはここまで会社の継続に貢献してくれた従業員への感謝の気持ちを伝えるため。2つ目は11月に退職した30年以上勤めたくれた2人の社員の送別のため。そして、3つ目は先ほども話した少しでも経済を回すためでした。残念ながら、2つ目の2名は都合が悪く参加できず、目的を果たせませんでした。

40年という月日

40年という月日。従業員の中には40年前に生まれていなかった人も多いです。私は今50歳ですから10歳。小学校5年生の時に父親が独立しました。この頃のことは子どもながらに覚えています。不景気という言葉を聞くと子どもながらに「会社、大丈夫なのか」と心配にしていた記憶にあります。

創業者の相談役の挨拶

40年前(1981年)というどんな時だったのか?イギリスではチャールズ皇太子とダイアナ妃が結婚。プロ野球では巨人の江川、日ハムの江夏が最優秀選手、ホームラン王はセ・リーグが山本浩二、パ・リーグが門田。首位打者が落合という時代です。流行の歌はなんだと思います?「ルビーの指輪」「恋人よ」「スニーカーブルース」です。懐かしいですね。

40年、いろいろなことがありました。私が入社したのは創業から15年後なので初めの頃は知りませんが、相談役や30年以上勤めた2人に以前話を聞いたところによると、相談役が乗ったタクシーの運転手をリクルートしてきたり、薬物中毒の人を採用してしまったり、人の採用には苦労したそうです。募集して採用を決めるのを早い者順で決めるなんて方法をやっていたこともありました。その時、3人採用しましたが2週間で全員がいなくなりました。採用に関して知識もなく、「来るもの拒まず、去る者追わず」という感じでした。でも、同業他社からの入社が増え、今でも多くの人が残ってくれています。

同業から転職組第一号、小関部長の乾杯!

当時のお客様で今でも取引が続いているお客様も何件かあります。長いお付き合いをしていただき、ありがたいことです。

初めての永年勤続賞

今回、初めて永年勤続賞の表彰もしました。10年以上働いてくれている人たちを一人ひとり表彰。20年以上勤めてくれているのが4名、15年以上が7名、10年以上が10名と合計すると21名が10年以上勤めてくれていて、全従業員の半数を占めていました。本当にありがたいことです。

以前に経営の師である国際後継者フォーラムの二条彪先生からお聞きしたことですが、「一つの会社に長く勤められるという人は時代の変化、環境の変化、会社の変化に柔軟に対応しているから可能なことで凄いこと」だと。私自身も、長年働いてくれるというのは本当にありがたいですし、素晴らしいことであると感じています。

特に当社は経営者が先代から私に変わり、方針や考え方が変わりました。その変化にもついてきてくれた方々が今いるのです。今回のパーティー、永年勤続賞の表彰を通じて、会社を今まで支えてきてくれた皆様に感謝を伝えることができました。そして、次の10年に向けて、みんなでいろいろな苦難を乗り越えていきたいと思います。

パーティーを終えて

今回のパーティーを終えて、本当に開催してよかったなというのが一番の感想です。コロナ禍で暗いニュースがいっぱいの中、数時間のことですが、みんなで笑い、喜び、普段を忘れる非日常のひと時を過ごすことができました。できれば毎年こんなパーティーが開けたら素敵だななんて思ったりして。とは言え、毎年は無理なので5年後か10年後かにまたやりたいなと思っています。その時は半分以上の人が表彰されるような会社になったらいいな。経営者としてこれからも魅力のある職場にしていきます!

ちなみに・・・ある取引銀行さんから「40周年はいつですか?」と聞かれ、数えてみたら来年の11月でした!今年は40年目でした(笑)

 

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ