フリースの袖に付いているテープをお探しのあなたへ

今回はテープのお話。洋服に使うテープには、いろいろな用途があります。装飾で使うテープもあれば、機能的に使うテープもあります。アンコンジャケットの縫い代を隠すのにもテープが使われます。今回、そんなテープの中でストレッチバインダーテープというものをご紹介します。

アンコンジャケット裏側のテープ

ストレッチバインダーテープとは?

ストレッチバインダーテープとは随分と長ったらしい名前です。まず、ストレッチというのは、皆さんもご存知の通り、伸縮性のこと。テープにポリウレタンが入っていて伸縮します。バインダーというのは2つ折りにして生地を挟むことを言います。上の写真のアンコンジャケットに使っているエンジ色のテープもバインダーテープです。でも、このテープはストレッチ性がありません。今回紹介するのはストレッチ性があって、バインダーとして生地を挟んで使えるテープ。これがそれです。

サイズ部分は幅なのですが、普通のテープと違って「10×10㎜」とか書かれています。これは2つ折りするラインがテープに入っていて、2つに折ると10㎜に仕上がります。広げると20㎜あるという意味です。

 

ストレッチバインダーテープはどこに使われるの?

では、この長ったらしい名前のストレッチバインダーテープはどこに使われるのでしょうか。皆さんも一度はこのテープを見たことがあると思いますよ。わかりましたか?

このテープが一番使われているのが、フリースの袖口や裾なんです。フリースの写真がなくてゴメンなさい。フリースの袖口にはこのテープが付いているはずなので、確かめてみてください。袖口にこのテープをバインダー使いすることで、生地のほつれを防止でき、尚且つ、ストレッチ性があるので、袖口を締めることができます。

最近だとダウンベストのアームホールやポケット口にも使われています。ストレッチ性があるので、カーブでも縫える訳です。しかも、アームホールだと適度な締め付けもできます。ポケットのダラっと開き放しになりません。

 

ストレッチバインダーテープの種類は?

ストレッチバインダーテープの種類は豊富です。よく使うのが、上で紹介したポリエステルのニットストレッチバインダー。薄手のタイプも有ります。

カラー豊富ですが、別注色も可能です

薄手タイプ 少し光沢が有ります

グログランテープでストレッチバインダーも有ります。

下の3サイズがバインダー

ラメの入ったタイプ。片側のみラメが入っています。

杢調(もくちょう)タイプ。杢とは糸の色を混ぜて作ったもので、大人っぽい霜降り調の柄が特徴です。

ちょっと派手目なシャンブレー柄。このシャンブレーは、黒糸と違う色糸を縦糸、緯糸で変えて使っています。

更に、ストライプ柄も有ります。スポーティーになりますね。

更に更に、私も驚きましたが、アニマル柄なんていうのも!ワイルドですね!

まとめ

ストレッチバインダーテープのことを紹介してきました。他にも色数のかなり多いものや、ナチュラルテイストのものなども有ります。当社のショールームに来ていただければ、これらの現物のサンプル帳を見ることができます。ショールームは予約が必要ですが、無料開放していますので、ご利用ください。ショールームの情報はこちらから。ご予約は下記の問い合わせフォームからでも構いません。

お問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ