偶然行った練習が最後の練習だったとは!?

塚田農場にあったコレ!なんだか分かります?すだちでも、カボスじゃないですよ。平兵衛酢(へべす)です。宮崎の名産品なんですよ!

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「少年野球の練習」についてです。

3連休の最終日はのんびりと

3連休の最終日、いつもなら息子どもの野球の練習に行く予定が、その日はありませんでした。正確に言うと、練習は行われていたのですが、息子どもの学校で授業があり、練習を休んだのです。休みなのに、グランドにも行かず、特に出掛ける予定もなかったので、久しぶりにのんびり過ごせました。たまには、いいですよね。風呂掃除もやっちゃいました!

少年野球の練習に飛び入り参加!

夕方、次男が帰宅。早速、公園に野球の練習をしに行こうとバットとボールを持って出ました。すると、所属していた少年野球チームの練習スケジュールを思い出しました。「そう言えば、今日、(少年野球チームの)6年生、最後の練習と書いてあったよ」と次男に言うやいなや、「そっちに行ってくる」と言って、走って行ってしまいました。

後から歩いて、練習をしている近所の中学校に行くと、5年、6年生が試合形式の練習をしていて、次男は既に混じって守備についていました!なんと言う早技(笑)

このチームの練習に次男が来るのは卒団以来初めて。この6年生、5年生は昨年までのチームメイト。6年生の最後の練習に立ち会えたのはよかったです。

昨年、最後にみんなからもらった寄せ書き

 

監督の衝撃発言!?

そして、監督から衝撃の発言が! 監督もこの6年生と一緒に退任するとのこと。実は、今の6年生が卒団してしまうと、5年生が一人しかいなく、チームが成り立たなくなります。4年生以下の幼年チームは別のチームと合同チームを作っていて、高学年チームも、この5、6年生を最後にそっちの合同チームになることが決まったそうです。監督もそちらのチームのお手伝いはするかもしれないが、監督としては退任するとのこと。そう今回の練習は、5、6年生最後どころか、監督も最後だし、おそらくこのチームにとっても最後の練習だったのです!いやー、偶然ながら、最後の練習に立ち会えてよかったです。

昨年暮れに撮った写真。この帽子も最後!

練習を終え、家に戻り、同じくそのチーム出身である長男に、そのことを話すと、「何だかんだ寂しいね」と言いました。そうですよね。出身チームがなくなるというのは、OBとして顔出すチームが無くなってしまう訳で、寂しいですよね。私も長男から足掛け8年間お世話になったチームが無くなってしまうのは寂しいですね。

昨年暮れのお別れ野球大会

監督が最後に「時間が取れるようになるから、試合決まったら観に行くから教えてね」と次男に。感謝です! 野球が作ってくれたご縁を大切にしていきます!

しかし、都心部の少年野球チームの継続は難しいですね。このチームも45年以上の歴史のあるチームだったんです。時代の移り変わりの中では、こう言うことも避けられない。寂しいけど、親にとっても子どもにとっても、経験ですね。

今日の教訓

最後の練習に立ち会えたのは何かの縁!

今日のボタン

パーリーゲイツのパンツ。ポケットの端に補強のために付いているのがリベット。生地に近い色に塗装され、PGのロゴを刻印されています。リベットはメッキものが多いですが、塗装されているのもポップでいいですね。生地と同色に塗装するのは結構大変です。何色もいるから。

ボタンや服飾資材に関するお問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ