衿の形を変えられる衿キーパー

金曜日は、福岡から経営者仲間であるアパレル会社の社長が来社。それをいいことに、お昼は鮨ランチ!東神田の老舗 帆掛鮨です。

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「シャツの衿をカッコよく」についてです。

衿キーパーとは

衿キーパーという資材があります。男性の方なら、お分かりになるかと思います。Yシャツの衿に入っているプラスチックの板のようなもの。衿キーパーは衿をピッとさせるためのパーツ。下の写真はダンガリーシャツですが、カジュアルシャツには珍しく衿キーパーが入っています。

衿キーパーは衿を裏返すと入っているのがわかります。衿もとから衿先へ、ポケットが作られ、そこに衿キーパーが差し込まれています。衿の保形のため。

この衿キーパーがないと、衿はクシャッとなってしまいます。特にYシャツは衿がピッとしていないと格好悪いです。衿キーパーが入っていないと衿が外側に反り返ってしまい、ジャケットの外に衿が出てしまい格好悪いです。身だしなみ的にも、この衿キーパーは大切ですね。

衿の形を変えられる衿キーパー

一般的な衿キーパーはプラスチックの下敷きをくり抜いたようなものです(写真上)。特にそれ自体には機能はないのが、今までの衿キーパーでした。今回紹介するのは機能を持った衿キーパーです(写真下)。

通常の衿キーパー

形状記憶衿キーパー

「形状記憶衿キーパー」って、なんだかスゴイ名前ですね。この衿キーパーはプラスチック製なのですが、その形状を曲げることができ、さらに、その形を保持することができるのです。

こんな感じです。
↓↓↓

「形状記憶」というより、「形状保持」です(笑)この形状保持機能の何がいいのか?

答えは、この衿キーパーによって衿先の形状を変えられのです!例えば、衿を内側に少し曲げれば、
衿がキレイなカーブを描き、衿を立たせることができます。

クルービズで、ノーネクタイの時に、衿がペタンと潰れて格好悪いことがありますよが、それが防げるます。ノーネクタイには持ってこいの形状保持カラーキーパー。

この衿キーパー、当社のECサイトで販売しています♪
↓↓↓
http://shop.cropozaki.com/products/detail.php?product_id=164

今日の教訓

衿をピッとさせるのは身だしなみ!

今日のボタン

ディーゼルのナイロンパーカー。フード部分のストッパーは、ブタバナと言うもの。豚の鼻みたいに楕円のパーツに2つ穴の開いた形状。素材はこれは本革です。使われる素材で多いのは、革、合皮、シリコンがよく使われます。

ボタンや服飾資材に関するお問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ