ボタンのサイズ 15mm以上のサイズ編

ファッション資材の知恵袋ブログ!

昨日に引き続き「ボタンのサイズ」についてのお話です。昨日はボタンのサイズの測り方と13mm以下のスモールボタンと言われる小さいサイズのボタンの使い途を説明しました。昨日のブログはこちらから。今回は15mm以上のサイズのボタンを紹介します。

15mm以上のボタンのサイズ

昨日もお話した通り、ボタンのサイズは直径でmm(ミリメートル)の単位で表されるものがほとんどです。15mm以上のボタンて一般的によくあるサイズが、15, 18, 20, 23, 25, 28-30mmです。大きいものだと35mmという規格のあるものもあります。

$ふぞくやのブログ $ふぞくやのブログ

15mm以上のボタンの用途

15mm以上の大きさのボタンをシャツやブラウスに使用することはあまりありません。まず、15mmのボタンは、パンツのフロントやポケット、ジャケットの袖によく使用されます。

パンツの後ろポケット 15mmのボタン

パンツのフロントにはひと回り大きい18mmも使ったりします。

カジュアルパンツはフロントに18mmもよく使う

18mmは他には、ベストやカーディガンのフロントにもよく使います。

20mmは、主にジャケットのフロントボタンに使用されます。

ジャケットのフロントは20mm、 袖は15mmが一般的です

23mm以上は、コートやアウターに着れるニットなどがメインです。

紹介してきたのはあくまでも一般的にというものです。ファッションですから、ジャケットには20mmのボタンを使わなければならないという決まりはありません。どの大きさのボタンを付けるのかはデザイナー次第です。

しかし、あまり大きなボタンがパンツのフロントに付いていたらはずしづらいですし、逆に小さすぎるとはずれ易くなってしまいます。また、薄い生地に大きな重いボタンを付けてしまうと生地を傷める可能性もあります。なのでボタンのサイズ選びは、デザインに加え使い易さや生地との相性も考えなければなりません。

ちなみにジーンズのフロントボタンタックボタン)は17mmが一般的です。ボタンフライの下のボタンは、ひと回り小さい14mmが付いています。

まとめ

ボタンのサイズについて2日に渡って見てきました。13mm以下のスモールボタンはシャツやブラウス、ポロシャツによく使われます。15mmのボタンはパンツやジャケットの袖に、18mmはベストやカーディガン、20mmはジャケットのフロント、そして23mm以上はコートによく使われます。ボタンのサイズ別の用途を紹介しましたが、そこに決まりはないのでデザインによりどんなサイズのボタンを付けようが自由です。しかし、使い易いさや生地との相性も重要になります。わからない時は私たちにお問い合わせください。

来年1月24日にボタンについてのワンコインセミナーを当社にて行います。詳しくは下記のフェイスブックイベントを参照してください。お気軽にご参加ください♪

https://www.facebook.com/events/251378838748278/?event_time_id=251378868748275

 

お問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ