すぐに揃うファスナー、コンシールファスナーのお話

ファッション資材の知恵袋ブログ

今回ご紹介するのはYKKのコンシールファスナー。ご存知の方も多いと思いますが、このファスナーはスカートやワンピースに使われ、ファスナーを閉じるとファスナーが見えなくなるのが特徴です。

コンシールファスナーはどんなものがあるの?

基本的にスカートやワンピースを脱ぎ着しやすくするための用途で用いられるのは2CH(CC)と言われるもので止め製品です。2CHより一回り太い3CHというものもありますが、一般的に使われているのは2CHがほとんどです。これからコンシールファスナーとしてお話するのは2CCを指しています。ちなみに3CH、その上の5CHは止め製品だけでなく、オープンタイプ(ファスナー下部が開いて分かれる)もあります。2CHは止め製品のみです。

 

コンシールファスナーはどれくらい納期が掛かるの?

ファスナーは種類や色が多く、長さもあるため、在庫を持って販売することが難しい商品です。その中で、コンシールファスナー(2CH)は用途が限られているので比較的在庫があり即対応可能なファスナーです。22cm、56cm、70cmと長さを決めて在庫をしています。このコンシールファスナー(2CH)は唯一長さの調整が簡単にできるファスナーで、下止めが動くので自分の欲しい長さに縮めることができます。色についても22、56cmは190色以上70cmでも110色以上在庫があり、即日出荷が可能です。もし、色が合わない場合は在庫色以外の色をYKKへ発注をかけることができます。その場合、納期は2週間程度です。* ファスナー寸法は長くはできないので使用寸法より長めの発注をお願いします。

下どめ(金具部分)が稼働します

 

コンシールファスナーの注意点は?

コンシールファスナーは実際の開き寸法より2~3cmほど長いものを利用してください。また、可動式の下止具はあき止まりの5mmくらい上で固定してください。そうすることで、あき止り部分のほつれを防止できます。

コンシールの縫い方についてはこちら

(YKKファスニングHPより)を参考にしてください。

スカート、ワンピース以外の用途はありますか?

最近はポケットに使うことも多いです。表に当たりが出ないのですっきりした見え方になります。特に薄手の生地を使用したスポーツウェアにはよく使われています。

 

まとめ 

コンシールファスナー(2CH)は他のファスナーと違い、在庫が豊富で手に入りやすい商品です。ファスナーが隠れるため、すっきりした仕上がりになるので、最近ではデザイン的にわざとコンシールファスナー(2CH)をポケットに使用することも増えています。ファスナーは時間が掛かるという固定概念を払拭してくれるコンシールファスナー(2CH)。

一度ご利用してみてはいかかでしょうか?

弊社ネットショップでもコンシールファスナー22, 56, 70cmは在庫して販売していますのでどうぞご利用ください。

↓↓↓

http://shop.cropozaki.com/products/list.php?category_id=29

お問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ