金属ドットボタンに見えるけど軽量!?

ファッション資材の知恵袋ブログ!

さて、今日のお話は「プラスチックドットボタンです。プラスチック製のドットボタンのことです。

ドットボタンとは?

まずは、今回もおさらいでドットボタンの説明から。ドットボタンは、ブルゾンの前立てやパンツのフロントに使われるホックのこと。パチンと止めたり、外したりするもの。

ドットボタンの素材でよく見掛けるのは金属のものです。このブルゾンも金属のドットボタンです。

今回、紹介するのはドットボタンですが、金属ではなく、プラスチック製のドットボタンです。

 

プラスチックドットボタンとは?

プラスチックドットボタンというのは、プラスチック製のドットボタンのことです。軽量なのと、見た目のカジュアルさから、スポーツウェアや子供服などに使われることが多いです。

表面に出るキャップのサイズは、8mm~18mmまで揃っていて、色もいろいろあります。

左ページはつや消し、右はツヤ有りです

プラスチックなので染色が可能なものもあります。

このプラスチックドットボタン、我々は略してプラドットというので、これ以降はプラドットでいきます。

プラドットの特徴

プラドットの最大の特徴は、軽いということ。スポーツウェアは軽い方が
いいので、このプラドットがよく使われます。軽いので付く数量が多くても
大丈夫です。

また、小さいサイズのものは、金属に比べて取り付けた部分が薄いので、
目立たないように取り付けたいところによく使われます。

ゴルフをされる方は、レインウェアの袖を取り外す部分にプラドットが付いているのを見たことがありませんか。

この長袖の状態から
↓↓↓
$ふぞくやのブログ

袖の下部分を取り外し、半袖にします。
↓↓↓
$ふぞくやのブログ

こういう場所は数が多く付きますし、薄く仕上げたいところなのでプラドットが使われます。

また、袖を両方取り外して元に戻すとき、袖が右のものか、左のものか分からなくなってしまうので、プラドットを一色だけ違う色を付けたりします。こういうことができるのも、色数の多いプラドットならでは。写真のものは右袖のひとつだけ白です。

 

金属ドット見えるプラドット

プラドットですが、金属ドットに見えるものも出ています。キャップの部分を塗装して金属ぽく見せているもの。

さらに、真鍮でキャップの表面を包んだもの。メッキで色を付けることが可能です。ロゴを入れることもOKです。

これらのプラドットは、表からの見た目は金属ドットと同じです。しかし、金属ドット比べると軽量なんです。真鍮でカバーしているボタンでも、金属ドットの半分の重さです。

表は金属、中はプラスチックという感じ

実際にこれが使われている製品がありました。表の見た目は全くの金属ドットですが、開けるとプラドットなんです。

レーザー彫刻でロゴも入っています

まとめ

プラドットはカラフルな色が多く、軽量なので、スポーツウェアや子供服によく使われています。最近では、金属ドットに見えるキャップを使って、下組はプラドットというものもあります。表面からの見た目は金属ドットに見えるのに、軽量というのが可能です。洋服の軽量化もトレンドでもあるので、金属ドットの代わりに、このようなプラドットを使うことも増えてきています。

ロゴ入れも可能

お問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ