バンコク運河水上バス体験記!

金曜日の朝、バンコクから成田空港に戻ってきました。向こうを日本時間で午前2時に出て、7時に成田着。結構、この深夜便はしんどいですね(笑)

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「バンコク出張記 PT3」についてです。

バンコクの水上バス

バンコクにはチャオプラヤ川という大きな川が流れ、そこに数多くの運河が流れ込みます。このチャオプラヤ川には、多くの船が行き交い、観光客だけでなく、市民の足としても水上バスが走ります。観光では、ワットポーやワットアルンに行くのにも水上バスが便利です。また、ディナークルーズもあります。

チャオプラヤ川

運河水上バス

今回の出張で乗ったのはそんな大きな川を走る船ではなく、運河を走る船。センセーブ運河水上バス。プラトゥーナムの市場に行くのに、アソークからこの運河バスに乗船。アソークの運河の乗り場は、地下鉄ペッチャブリー駅からすぐ。橋の下に駅があり、そこから船に乗ります。船に乗りますと言っても、乗り場横に船が泊まり、そこに飛び乗る感じ。一緒に行った当社の業務提携先の社長曰く、お客様で落ちた人が一人いるそうです(笑)

乗って見るとかなり混んでいます。乗っている人は観光客は少なく、生活の足に使っている人たちばかりでした。対向船がくると、横にあるビニールの幕を川側に座っている人たちが上げます。水しぶき避けです。面白い光景です。

料金は船のへりにいる人が取りに来るので、行き先を告げて、料金を払います。でも、ちゃんと全部見ているのかは???という感じ(笑)

青い服の人が料金徴収係

停留所は電車の駅のような感じ。

そして、距離にして8kmほどを20分ほどでプラトゥーナムの到着。

運河はこんなに狭いんです!

距離にしたら大したことないですが、これをタクシーで移動するとなると15分では着きません。なぜなら、渋滞です。その点、船は渋滞がないのでスムース。地下鉄やBTSに乗るように地下に降りたり、高架に上がったりする必要もありませんし。なかなか便利です。

ただ、水上バスの乗り降りだけは気をつけてくださいね。下手すると股裂きの刑の後、汚い水の中にドボンですからね(笑)

 

今日の教訓

いろいろな乗り物にチャレンジしよう!

今日のボタン

タイの市場で見たスカート。ボタンは表のチェックの生地を使ったクルミボタン。クルミボタンは生地を包んで作るボタン。このように同じ生地で作る場合もありますし、わざと違う色や柄の生地を使うこともあります。クルミボタンを胡桃のボタンだと思っていたのはナイショ。

ボタンなど服飾資材に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームから

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ