バンコクの市場、市場と言っても食べ物じゃないですよ!

車で走っていると、雲の隙間から太陽が光が線になって綺麗でした。写真だ遠くてわかりづらいですが。

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「バンコク出張記 PT4」についてです。

バンコク衣料品市場

バンコク出張記最終話。昨日紹介した運河水上バスに乗って行った先はプラトゥーナムの市場。

プラトゥーナムには多くの市場が集まっています。しかし、市場と言っても、野菜や食材の市場ではなく、洋服や小物、アクササリーなどの市場です。しかも市場ですが、ビルや長屋に小さいお店が集合しているもの。観光客でも行って、購入することが可能です。

初めに行ったのは、船着場から一番近いビルの市場。ここは人も少なく、閉まっているお店も多かったです。しかし、その分、ゆっくりじっくり見ることができます。

こんなターコイズだらけの店も!

コスチュームを売っている面白いお店もありました。

すごい衣装です。ハロウィンにいかが?

次に通りを挟んで反対側の古い建物の並ぶ市場街へ。

歩道にはみ出すほど、衣料品が並んでいて、建物と建物の路地の間にも、ところ狭しとお店が並びます。

路地もこんな感じ

とにかく、すごい数のお店です。写真ではわかりませんが、人もすごいです。さっきの閑散として市場とは大違いで、前に歩くのがやっとのほどのところもありました。スリに注意です。

そして、最後にプラトゥーナムのメインビルの市場へ。ここも大賑わいでした。売っているものは安いです。プロも買いに来る場所なので、お買い得です。Tシャツやタイらしいタイダイの洋服なんかがお買い得ですかね。掘り出しものを探すのも楽しいかもしれません。

 

新旧を楽しめる場所

市場以外で、このプラトゥーナムで面白いのは古いものと新しいもの融合。古い市場の奥には、超高層ビルが立っていたり、建設中の高層ビルがあったりします。

そして、プラトゥーナム市場から歩いていけるところには、伊勢丹もあり、同じ衣料品を売っている場所なのに、市場と百貨店という真反対にある売り方を見ることができます。伊勢丹の中には草間彌生のオブジェが。歩いて10分でこんな違いです。

まとめ

今回のバンコク出張、深夜に入り、深夜に出るという結構過酷な出張でしたが、発見も多く、充実した出張でした。プラトゥーナムの市場にも久しぶりに訪れましたが、以前よりパワーアップしている感じを受けました。それだけ活気があるんですね。観光でも、この市場はオススメですよ!

今日の教訓

市場に行くには運河水上バスで!

今日のボタン

タイの市場で見た民族衣装的なジャケット。ボタンはココナッツのボタン。ココナッツボタンはアロハシャツやリゾートぽいシャツに使われることが多いです。このようなウールの生地ものに付いているのは初めて見ました。これはこれでありですね!

ボタンなど服飾資材に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームから

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ