一人呑みをしたことのない男の話

木曜日の夜は雑司が谷鬼子母神の御会式というお祭りの最終日。こちらに引っ越してくるまで知らなかったお祭りですが、賑やかで楽しいお祭りです。今年も見ることができてよかったです!

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「一人呑み」についてです。

一人呑みの経験ありますか?

私はお酒が好きです。ほぼ毎日飲んでいます。飲んでいる投稿ばかりしていたら、飲み過ぎ注意なんて、いろいろな人に言われてしまうほど。しかし、一人で酒を飲むという経験がないのです。ラーメン屋なので、ラーメンを食べながら一杯ビールを飲むくらいのものはありますが、飲み屋に一人で行くことはありません。

周りの人たちの意見を聞くと、一人で飲みに行くという人と、行けないという人。2つに分かれますが、経営者は前者の方が多い気がします。

私もお酒が好きだし、家で飲むのもいいけど、外で一人で飲むのもやってみたいなぁ、なんて思っていました。で、そんな話を2ヶ月前にある経営者の人と話していたら、絶対やるべきだという話に。どうでもいい話なんですけど(笑)

一人呑みにチャレンジ!

すると、一人呑みのチャンスが来ました!飲みに行く予定がキャンセルになってしまい、19時の新宿に独りぼっち。家に早く帰ってもね・・・という気持ちもあり、よーし、一人呑みを決行してみようと心に決めました。

店を探しに新宿から歩き始め、気付けば高田馬場まで歩いていました。結局、知っている地まで帰ってきてしまいました。そして、入ったのは以前に一回行ったことのある大衆焼き鳥居酒屋。カウンター席に着席。その後、すぐに隣にも、お一人様が。しかも、常連ぽい。

まずは生ビールを一杯頼みます。そして、だいたい居酒屋に行ったら頼む冷奴に冷やしトマト。焼き鳥はお好みで頼みたかったですが、串盛りに。まずは、ビールを飲みながら、冷奴。隣の人はホッピー。その隣もホッピーを飲んでいて、ホッピー率が高い!しかし、私は負けじとビールをもう一杯。別に競う必要も、比べる必要もないのですが・・・

そして、反対の隣にも、お一人様のお客様が。うーん、落ち着かないのが最高潮に。焼き鳥の串も隣の人と共通の入れ物に入れていいものかどうか迷ったりして(入れましたが)。結局、ビール2杯、冷奴、冷やしトマト、焼き鳥盛り合わせで終了。しめて、2,300円。安〜!滞在時間30分。

うーん、もうちょっと居たかったなあ。お店のチョイスもイマイチでした。次回はもうちょっと落ち着いたお店で、1時間はいたいな。と、そんなつぶやきをしたところ・・・

こんなコメントが!

とか

一人呑みチャレンジなのに、一人呑みできないじゃーん(笑)

なんて言いつつ、嬉しいです。ご一緒してくれる方、大歓迎です!

今日の教訓

結局飲めれば、いい!

今日のボタン

今シーズンの秋冬ものジャケット。ボタンが特徴的です。ナットボタンなのですが、レーザー彫刻で麻の葉をデザインしています。ブランドロゴを入れるのは多いですが、こういうデザインを入れるのは、めずらしいです。

ボタンや服飾資材に関するお問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ