ファスナーから見るいい洋服!

ファッション資材の知恵袋ブログ!

「付属から見る洋服」というテーマのお話です。「付属」とは以前にも説明していますが、表生地以外の洋服を構成する資材のことです。裏地、ボタン、ファスナーなどがそれに当たります。「付属」は言わば、主役ではないですが、付属にまでこだわりを持っている洋服は、いい洋服と言っていいでしょう。従って、付属屋目線で見た「付属から見るいい洋服」を紹介します。今回はファスナーについてです。

ファスナーはYKK!

ファスナーはパンツのフロント、ブルゾンのフロント、ポケットやフードの収納、取り外しなどに使われ、洋服には欠かせない資材の一つです。そのファスナーのメーカーと言えば、言わずもがなYKKです。YKKは日本では95%のシェアを、世界でも45%のシェアを持っているファスナーのリーディングカンパニーです。日本でファスナーと言えば、当たり前のようにYKKが出てきます。我々もファスナー=YKKと考えて手配しています。皆さんの洋服に付いているファスナーもほとんどがYKK製だと思います。

ここで「付属から見るいい洋服」ですが、YKKのファスナーが付いている洋服であれば、まずは問題ないです。YKKのファスナーは、品質も世界一と言っていいでしょう。ファスナーがYKKであれば問題はありません。

YKK以外のファスナーはダメ?

では、逆にYKK以外のファスナーだとダメなのでしょうか? いえいえ、そんなことはありません。YKK以外のファスナーでも品質のいいファスナーもあります。特にヨーロッパのファスナーは、ラグジュアリーブランドにも使用されている高級なものも多いです。スイスのririやイタリアのLampoが有名です。

Emporio Armaniに使われているLampo

 

また、当社でも扱っているアメリカブランドの「IDEAL」もいいですね。あまり日本の洋服で使われているのは見ませんが。あと、日本でも朝日ファスナーの「WALDES」も高級ファスナーです。

$ふぞくやのブログ

IDEALファスナー

 

一方で、中国メーカーの”YKKもどき”のようなファスナーは品質が???ものが多いです。購入して間もなくは問題なくても、しばらく使っている内に不具合が出ることもあります。ファスナーは洋服の資材の中では、機械的構造なため、不具合や故障が出やすいパーツです。それなので、ファスナーがどこのものなのかが付属屋目線では気になるのです。

どこで分かるのか?

それでは、どこでファスナーがどこ製か分かるのでしょうか? 一番、分かりやすいのは、スライダーと言われる引き手の部分。YKKの場合、スライダーに「YKK」と刻印されているものが多いです。スライダーの表面に刻印がなくても、スライダーの裏側には必ず「YKK」の刻印があります。

YKKが表面に付いているもの

 

これは表面には「UNIVERSAL」の刻印

 

裏側はYKKの刻印があります

 

バーバリーの別注引き手

 

裏側には「YKK」の文字

 

一方で、中国ローカルファスナーは、無印だったり、YKKと似たような名前のが付いていたりします。

スライダーの表面が無印

 

裏側にもYKKの刻印はありません。おそらく中国のローカルファスナーです。

 

まとめ

今回はファスナーから洋服を見てみました。やはり、世界のYKKは世界一の品質のファスナーです。YKKのファスナーを使用している洋服は、まず、第一関門突破という感じです。YKK以外にも上記のような高級ファスナーもあります。ファスナーの良さが洋服の良さとまでは言い切れませんが、ひとつの指標になることは確かです。皆さんの洋服のファスナーもチェックしてみてくださいね!

UNIQLOもファスナーはYKK

お問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ