神田明神・湯島天神への初詣で空いているのは

土曜日は息子たちの野球チームのグランド開き。グランドに塩、米、酒で清めて初練習へ。これから1年間もよろしくお願いします!

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「初詣」についてです。

初詣

皆さんは初詣にはすでに行かれましたか?我が家はここ数年はルーティンで、元旦に自宅近所の神社、実家近くの神社に参拝。2日に会社の氏神様である神田明神へ。ここでは祈祷もしてもらいます。3日は子どもたちのために学問の神様である湯島天神へ参拝。今年は昨日書いたブログの通り、4日になってしまいました。昨日のブログはこちらから。    

近所の氷川神社

神田明神の空いている時間

神田明神は言わずと知れた商売の神様、そして江戸の総鎮守として神田、日本橋、大手町、丸の内など108の町会の氏神様。会社の多いエリアでもあり、三ヶ日はもちろん仕事始めには多くの人が訪れます。それ以外にも厄よけ、縁結びでも多くの人が参拝します。そんな大人気の神社の初詣は行列必至です。外門の前の本郷通りも通行止になり参拝の列ができます。

そんな中、私が行っている中で見つけた穴場の日時。それは1月2日の午前中。今年は2日の10時ごろに行きましたが、隨神門も並ばずにくぐれました。私は祈祷の方へ行ってしまったので、普通の参拝にどれくらい時間が掛かったのか正確にはわかりませんが、多分10分ほどで終えられたのではないかと思います。おそらく3日でも午前中は空いていた思います。4日は仕事始めの会社も多いので、午前中は大混雑でしょう。空いている時間に行きたいのでしたら、2日、3日の午前中がお勧めです。

隨神門

湯島天神の空いている時間

続きまして、神田明神から歩いても800mくらいところにあるのが、学問の神様の湯島天神(湯島天満宮)。ちなみにJR御茶ノ水駅から神田明神に行く途中にあるのは湯島聖堂で、湯島天神ではありません。

正月でもあり、受験シーズン前でもあるこの時期の湯島天神はとても混んでいます。三ヶ日はもうすごい混雑。参拝の列は300mくらいになります。寒空の下、30〜40分待つのは必至。昨年までは3日の早い時間、9時くらいまでに行っていました。さすがにこの時間帯だとそれほどの待ち時間もなく参拝できます。

今年はのっぴきならぬ理由で3日に参拝できず4日に参拝。行った時間は10時。もう混んでいるのではと思いましたが、待ち時間なく参拝できました。屋台もまだ準備中で、屋台の人たちが一番よく知っていますね(笑)ということで、湯島天神は三ヶ日なら9時前。4日以降なら11時より前でもそれほど混まないと思います。

まとめ

東京で人気神社の神田明神と湯島天神。初詣は行列必至ですがどちらも午前中というのがキーワード。ですが、神田明神は仕事始めは午前中から大混雑です。湯島天神とはちょっと混雑日時が違いますね。両神社は近いので1日で済ませたいのなら、2日もしくは3日の9時ごろに湯島天神に参拝、その後、神田明神に参拝するのがいいのではないでしょうか。今年大行列に見舞われて方は来年この時間帯にトライしてみてくださいね!

今日の教訓

行ってみないとわからない!

ボタンなど服飾資材に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームから

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ