新たなビジネスアイデアを出すためには?

とある飲み会で、「飲む前にどうぞ!」と仲間が差し出してくれたウコン。気が利いていますが、賞味期限2016年11月。まあ、飲みましたが、効果があったのかどうかは飲み過ぎで、わかりませんでした(笑)

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「新規ビジネスアイデア」についてです。

新しい発想の商品!

経営者仲間の松山工業の鵜久森社長のご紹介で、面白い製品を作っている人たちと知り合うことができました。シリコン製品などを扱う松山工業さんのHPはこちらからどうぞ。

その製品がこれ!何かわかりますか?

わからないですよね。なんだかドローンみたいな、近未来的なデザインのIT製品?

この商品名は、「イヌパシー」と言います。これで何かわかりました?

そう、犬の感情がわかる機械なんです。イヌパシー(inupathy)キャッチフレーズは、「愛犬のココロをよみとくデバイス」。犬とsympathy(同情、共感)を組み合わせたネーミングが最高ですね。

犬の心拍数と脈拍のパターンを解析して、犬の感情を見える化するのです。イヌパシーの波のようなインジケーターの色が感情によって変わります。緑ーリラックス、オレンジードキドキ、レインボーーハッピー、白ー興味、紫ーストレスという具合です。詳しくは下記のイヌパシーのURLをご覧ください。

http://inupathy.com/jp/

発売について、現在はwebサイトで予約受付中で、予約を受け付けた方のみにお届けすることになっていいる。 一般発売の予定は今のところ行なっていません。

新しいビジネスアイデアを出すには?

 

しかし、すごいアイデアですよね。犬の感情を見える化するなんて。以前お会いした時と会社名が変わり、今は「ラングレス」になりました。これは「ランゲンジーレス」を短縮したもので、言語がなくてもコミュニケーションできるようにしていきたいという思いがあります。

開発者の山口さん

 

今、私も新たなビジネスアイデアを生み出すのを研修で行っています。これがなかなか出てこないんです。出てきても、今までのビジネスの延長だったり、現実的過ぎて面白くなかったり。研修で二条先生に言われているのは、新規ビジネスは、まず自分がワクワクするものでないと、上手くいかないと。それはそうですよね。やりたくないけど、やっていっても上手くいく訳ありません。新しいビジネスなんだから自分がやりたいワクワクすることをすべきなんです。

イヌパシーのように、今までの常識にとらわれない、そして、自分がワクワクするアイデアを出すぞーーーー!

今日の教訓

ワクワクすること!

今日のボタン

ネオプレーンの生地のパーカー。ファスナーはコイルファスナーの裏使い。裏使いとはエレメント(務歯)が表に出てこないもの。そして、ファスナー表面全体ににチェックのプリント。これはYKKのプリファと言うファスナー。200mから別注できます。

ボタンや服飾資材に関するお問い合わせはこちらまで

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ