偶然な出来事、小さな変化に疑問を持つかか見逃すか!?

丸の内仲通りに行ってきました。高級ブランドが立ち並び、異国情緒溢れる雰囲気がいいですね。しかし、寒かった〜!

ボタン、ファスナー、生地など洋服の資材を扱う株式会社クロップオザキの2代目社長の尾崎博之(@cropozaki)です。

さて、今日のお話は、「ビジネスチャンス」についてです。

偶然の出来事を深掘りしてみる

サッカー馬鹿の愛称で知られている美容師の勝村大輔さん(ニックネーム:かっちゃん)。ブログやSNSの講師もしているかっちゃんの話を聞いていると、彼の探究心の深さに関心させられます。かっちゃんのブログはこちらから。

向かって一番左の人がかっちゃん

一つの例を挙げると、年末に山形へ旅行に行った際、偶然読んだ車内にあった冊子。そこにかっちゃんが大好きな作家 沢木耕太郎のエッセイが載っていたそうです。若かりし頃、沢木耕太郎の代表作である「深夜特急」を読んで、単身でなんのツテもなくドイツに旅立ったそうです。そして、今、またその「深夜特急」を読み直しているとのこと。

Amazonより

その本を読んでいて、「深夜特急」は言わば作家の日記・体験記なのになぜ読み手は惹かれるのだろうと疑問を抱いたそうです。ブログの講師として、日記ブログは有名人じゃない限り読まれないと言ってきたが、この本だって書かれた当初は有名でもない人の日記なのになぜ面白いのか。そこにこれからのブログのあり方、文章の書き方のヒントがあるのではないかというのです。

偶然手に取った冊子に載っていた沢木耕太郎のエッセイからそこまで発想が深掘りされるのです。私ならただそのエッセイを読んで、面白かったとなるくらい。とりあえず、私も沢木耕太郎の「深夜特急」を購入しましたが(笑)

ちょっとした変化を見逃さない

以前に研修で国際後継者フォーラムの二条先生に教わったことで、

経営者は小さいな変化を見逃すな!

というのがあります。いつもとは違う小さな変化に何かヒントがあったり、社員であったら何か悩みを抱えているの気づいたりできます。かっちゃんはそんな小さな変化を見逃さない人。

このブログを書いているワードプレス。プログラム更新の案内が来ていたので更新してしまったら、ブログを書く形式(エディター)が大きく変わってしまい、使いづらくなってしまいました。私のブログを作ってくれた会社にすかさず電話して元に戻してもらい、事なきを得ました。

かっちゃんも同じようにプログラム更新をしてしまったそうです。しかし、そこで私と違うのは、使いづらいけど、この新しいエディターには何か意味があると感じたそうです。そして、新旧両方のエディターを使えるように更新したのです。

私はただ使いづらいと思っただけでした・・・こういう日々起こる小さな変化にも疑問をもったり、何か意味があるに違いないと探求してみたり、同じ時間を過ごしているのでも大きな違いが出てくるなと感じた次第。

波は常に変化している!

それには様々なことにまず関心を持つことが大切ですね。うー、苦手分野だけど、もう少し色々関心を持つようにします!

今日の教訓

小さな変化に関心を持つ!

ボタンなど服飾資材に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームから

Follow me!

この記事が良かったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社クロップオザキの代表取締役 尾崎博之。生地、ボタン、ファスナーなどのファッション資材を扱う会社での営業を20年以上経験。顧客はアパレル会社、セレクトショップ、商社など幅広い。その経験と知識を生かして、ファッション資材に関する悩みを解消したり、資材調達の手間を省くための活動を行っている。 詳しいプロフィールはコチラ